4回失敗した応用情報技術者試験

昨夜、応用情報技術者試験の解答速報が出ていたので自己採点を。

前回は、午後試験が1点不足で不合格。
今回は5点ぐらい不足で不合格と予想します。
(後日談)結局今回は2点不足で不合格でした。午前試験はよい点とれてたけれど。
前回の受験後にもうあきらめていて、今回まったく勉強しなかったにも関わらず、なぜか期待を高めてしまっていたためすごーくがっかりしてしまった。

この試験に費やした勉強時間は計600時間ぐらい。 資格学校に通ってお金もかけています。 結果として、もっと早くにあきらめればよかったと後悔しております。 午前試験はガリ勉さえすれば楽勝ですが、午後試験は私の錆びた頭だと、さらに1,000時間ぐらいの学習時間が必要みたい。 合格しても業務経験がないに等しいので、就職できるってわけじゃないでしょうし。

反省ついでにこの場を借りて、過去4回の受験を振り返っておきます。

(1回目) 2年ほど前に基本情報技術者試験に合格していたので1つ上のレベルであるこの試験を受験。 引越等による忙しさと疲労で全く勉強せず。 採点結果を確認する余裕さえなかった。 当然不合格。

(2回目) 対策講座を受講し280時間ほど勉強。 講義が理解できず、自分でテキストを読み進めたりといろいろ工夫。 まだ疲れがひどい時期だったと思う。
2ヶ月ぐらい集中学習したのだが、いくらやっても理解できないのが辛かった。 システムエンジニア時代に経験した「全然わからない」感覚とまったく同様。 学生時代に苦手な教科(理科と社会)の勉強をしていたときとも同様の感覚だった。
午前合格、午後5点不足で不合格。

(3回目) 2回目受験直後にネットワーク系の資格(CCNA)を取得したが、この勉強も非常につらく、毎朝やめるべきか考えながら学習し続けて幸い一度で合格したものの、この分野の仕事に関わりたくないとまで思う。
再受講割引を利用して資格学校の自習室を中心にさらに300時間ほど勉強。 もう本当につらくてストレス食いで太る。 受験前にもう気持ちが負けていて、あきらめていた。 勉強量に対する成果・見返りが望めない。 この勉強はやめるべきと確信する。
午前合格、午後1点不足で不合格。

(4回目→今回) もうこの試験の勉強はやめることにしていたが、ひょっとしたら又やる気になるかもと受験申し込みをする。 準備は全くせず、受験料がもったいないので一応受けた。 自己採点は午前はたぶん合格、午後5点ぐらい不足で不合格。
(後日出た4回目→今回の結果は、)午前合格、午後2点不足で不合格。

(反省) 疲れて焦っていたので「前進しているように見える勉強」を続けてしまったようです。
2回目あたりでやめておけば、休息とか他のもっと有意義なことができたと思うのだが。

本日のウォーキングは2時間。 天気はくもり、21度ぐらいでした。