Rails tutorial 終わる

今日でプログラミング学習が一区切りつきます。
「Ruby on Rails チュートリアル」というネット上のテキストのようなものを利用して1ヶ月ちょっと勉強しました。 テキストの指示通り進めた結果、いくつかのwebアプリケーションがきれいに出来上がってはいますが、「プログラミング技術が身に付いた」感じは全くせず。

むしろ、「読んでも実践しても意味がわからないテキストを、また、時間かけて最後まで読んでしまった。」ことに少々不満を感じています。
今回費やした勉強時間が100時間ちょっと。 webに公開されているものを利用したので費用はほぼゼロ。

IT・情報処理の勉強は、過去5年足らずの間にけっこうな費用もかけてたくさんやりました。 といってもたった2,000時間程度ですから、業務経験のある人たちにはかなわないと思う。 私の正社員経験はシステムエンジニアの2年間だけ(20年以上前です)なので、どこかでコンピュータの知識を求められてもよいように、いくつか資格(基本情報技術者とCCNA)を取得したり、プログラミングの講習を受けてみたりしたのです。

IT系の仕事ならお給料がよいというのが当初のもくろみだったのですけど、合格した資格試験の内容も、今回終えた教材もぜんぜん面白くないというか、興味ないというか・・・。 応用情報技術者試験に4回失敗したあたりから「この分野、無理。」という感じにはなってました。
長時間労働が基本で若い男性を欲しがる業界でもあるから、今更ながら遠慮したい思いがあります。 それ以前に雇ってもらえないだろうし。

今日の散歩は久しぶりのお天気なので革のブーツで近所を。 中敷き入れてみたが歩きにくい。 ヒマなうちに足に合う靴をなるべくたくさんみつけておきたいものです。
< ウォーキング 12:00- 約1時間 > 天気予報は晴れ 20度ぐらい。