いくら歩いても疲れない日

今朝は気持ちがよどんでいたためコーヒーショップで機嫌を直そうとしたら、風向きが悪いのか喫煙席のタバコ臭が強くてやれやれ。
とりあえず予定通り遠くのショッピングモールまで1時間ほどかけて歩きだすと、今日はいくら歩いても疲れない。 帰りも徒歩で。 物足りないのでさらに隣町まで行って買物を。

この季節にしてはかなり暖かく天気も良い。 少し風があるのがまたいいんです。 黄色に染まったイチョウ並木に何度も出くわして、たくさん歩いたら案の定、明るく元気になりました。
< ウォーキング 12:00- 2-3時間 > 天気予報は晴れ 11-15度など。

服が決められない

今朝は着替えるのにとっても手間取りました。 服が決められない!
早く家を飛び出したいのに。

鏡の前でしばし呆然。 冬のコートに合うマフラーを探してショッピングセンターへ行く予定なのに、その冬のコートをすごく着たくない。 今日は暖かいし、私は軽装でたくさん歩くのが好きなので、結局着たいものを着てしまいました。

この「決められない病」は、しばらくのんびり過ごしたりすると出てくるようで、昨日も小額の買い物に一日かけてます。 そろそろ活動的な日課に戻さないと。 疲れがひどくない日は外出して、歩いて、元気出そう。

買物には時間をかけるべきか

買物に時間がかかって困っています。 理由としては、
「失業中で時間に余裕がある。 やるべきことはたくさんあるが予定はスカスカなので。」
「昔から買い物が下手で、衝動買いも多いことを後悔しているため慎重になる。」
といったところでしょうか。

先日購入したカーテンは、サンプル生地までとりよせてじっくり選んだのが良かったのか、とても満足しています。 少し高価だけど後悔はなし。
思い起こせば費やしたお金に関係なく、時間かけてゆっくり決めたことはたいてい良い結果を生んでいます。 逆に、「時間もったいない。この悩みから解放されたい。えいやっ。」というような決断は悲劇につながる。 買ったものは使わずじゃまになり後悔。 一日や二日で決めようとするのがよくないのかも。

どれにするのか考える→決められない→数日おく→考え直す→
を繰り返すのがいいみたいです。 迷いがあって決められないなら、その日は考えるのはやめて保留。 数日後に考え直そう。
そういうの、気が短いからすごーく苦手なんですけどね。 保留期間が長すぎて不備の多い生活になることもありますし。

あぁやっぱり難しい。
衝動買いは避けたいが、買物なんかに時間をかけたくないのが正直なところ。

木綿のマフラーを購入

コートの衿がすぐ汚れるので、マフラーで防ごうかと気軽に洗えるタイプを購入しました。
衝動買いをよくしてしまうからと、慎重にネットで下見をしてからお店に行ってさんざん試着。
2-3人の店員さんにアドバイスしてもらっちゃいました。 ありがたい。 ネットで購入しなくてよかった。

予定とは全く違う色を選ぶことになったんですが、それも店員さんが、「着けてみると案外いい色なんですよ。」と言われ、試してみるとおっしゃる通り。 巻き方も教えてもらって、ラッキーです。

たくさん歩いてすぐ暑くなってしまうので軽くて薄い木綿で十分。 偶然ですけど説明書によると「歩く」がコンセプトの商品なんですって。 税込1,404円でした。
さっそく巻いて2時間ほど歩いたら、けっこうあったかいのに風通しがよくサラッとして蒸れませんよ。