冬の朝を活性化するのには

cimg1013
鴨が泳ぐ冬のお堀 2016-11/27

ここんとこ引きこもりがちだったので長めにウォーキングしてきました。
やっぱり寒い中の運動、たまらなく気持ちよい!

今ちょっとおかしいのは、目・鼻・耳がムズがゆくて、喉から眠気がたちのぼってくること。
お天気がはっきりしない時期などにこんな症状が出て、気分がどんよりしてしまうんですよ。

からだを動かせば多少なりともスッキリするのだから、散歩で解決しよう。

というわけで、お寝坊ついでに家ごもりなんてことにならないよう、朝の英会話レッスンを増やしてみることにしました。 週3回を週4回へ。
夜も早くから寝るようにして、真冬の朝でも活発にすごせるよう工夫を始めております。

朝早いと午後がきついんで昼寝したいところですが、寒いとそのへんでゴロンとは眠れず。
ふとん入る→あたたまる→眠りに落ちる→目覚める→ふとんから出られない。
となるだろうから手間取っちゃうな。

ならば長時間睡眠が欠かせない今の私としては、夜の8時9時から寝てしまえばよいのかと考えるわけでした。
どうでしょう。