やたら書き留める習慣

ちょっとでも夜更かしすると朝起きられない。
21:00就寝は死守しないとダメらしいです。

それにつけても朝寝がすごーく気持ちいい。
起きなきゃいけない時間、目覚ましを止めた直後の眠りはことさらに最高。

夜にもこれだけ深く寝られたらどんなにいいだろう・・・。

CIMG1292
若葉かな? 2017-1/22

さて今週は、かなりゆるゆると過ごしてしまいました。
散歩など3時間しかしてないよ。
遅い正月休みみたいな感じ。

それでもゆるみすぎ防止にスケジュール日誌みたいなものをつけてまして、
これのおかげで少しずつ、家の用事なんかは片付いております。
独り言と、箇条書きのメモが混在したノートなんですが、相変わらず頭がはたらかないもので多いときは1日に3回もこの日誌を書いて、何からやって何を後回しにするのか決めなきゃいけない。

さらにこれと別に、一枚っぺらの紙に1ヵ月分ぐらいの暦を手書きで作って管理。
そのほか手帳には食べたものの費用やら、何を何時間行ったかとかを細かく記入。
おっと、家計簿の年次更新終えたから、今後2-3年分の支出予定も書き留めておきたくなってきた。

思い起こすと、職場の事務作業もノートに細かく書いて整理してましたっけ。
書き留めたらいちど安心してその件は忘れないと、次のことに集中できないもんだから。
あれは便利だった。
いい習慣だ。

とまあ自己管理も結構なことですが、けさのようにあまりに眠りが心地よいと、
「こんなに幸せなのになんで起きなきゃいけないの?
好きなようにさせてくれ。」
と思ってしまいます。
元気な日に、後の疲れを心配して早めに帰るのも悲しい。

なんだか、子供みたいだわね。