暑くてもウォーキング、その後が問題かも

朝のうちに2時間半のウォーキングをすませておきました。

CIMG1670暑くなりそうだからと早めに出てよかったみたい。
ラジオの予報では、「はやばやと真夏の暑さに。」 とのこと。
「木陰で休んだり、こまめな水分補給をするなどして熱中症に注意を。」
とよびかけております。CIMG1672

朝なら光がおだやかだから草花の写真もきれいに撮れるかと思ったんだけど、今日のお日様、強い!
きのうまで咲いていた花はしおれてしまったようだし、光がきつくて木や葉をうまく映すのが難しい。
CIMG1669しかし驚いちゃうのは雑草の伸びの早いこと。
少し前までは、「春が深まったのねー」 とほほえましい気持ちでながめていたのに、ああも背高く生い茂ってくると、
「そうか、夏か、もっとあつくなるのか、ふぇー」 とため息がでます。

こんな日には新宿御苑のジャングルをすずしくウォーキングするのがよし。
木漏れ陽がキラキラしてまるで楽園でした。
いま、バラが盛大に咲いていて鑑賞したいところだけどバラ園は陽当たりがよすぎて耐えられる暑さじゃないです。
いつか又涼しい日に。
って待っているうちに枯れてしまうのだろうか。

CIMG1684昨年8月の日記では、
「たかだか気温25度でおおげさに暑がって」
いた5月の自分をなつかしんでおります。
(→エアコンはドライ30度
眠れぬ熱帯夜もまもなくやってくるのね。

このところは日に1-2時間のウォーキングで体力維持につとめていますが、夏になったらどうしよう。
ほとんどストレスのない生活をしているので気力はゆるゆるなんですよ。
だからせめて体力だけでも強く保ちたいものだと。
ペットボトル片手に太陽とたたかう苦行のウォーキングを続けるべきなんでしょうか。

CIMG1679と、ここでかねがね思っていたことをほじくり返します。
1時間やそこらのキツい運動をしても、ほかの長い時間がダラダラじゃだめじゃん、ということ。
プロのトレーナーもそんなことを言ってるの、よく見聞きする。
トレーニングとおなじくらい、普段の生活・食事が大事ですと。
筋トレより、いつもの姿勢を正せと。

CIMG1683はい。
さいきん散歩からもどると脱力ぶりがひどく、動けないどころか意識もうつろな感じ。
体力がないのか気がぬけてるのかまったく。
まあこの、うつろな数時間が終わるとまた、ちょっとだけ動けるようにはなるのですが・・・。

職場でもお昼のあとはこんな感じだったよなあ。
そんなものか、誰しも。
外回りから帰ってきた営業さんも居眠りしてたりしたしねえ。
いつも元気いっぱいってわけいきませんもの。

だがひとまずは、散歩の後のすごしかたを改めたい。