緑の道をゆく

CIMG1623
外濠公園へ登る 2017-5/7

先月のウォーキング計95時間。
1日3時間ぐらい歩いていたことになります。

暖かくなる前にまとめて運動しておいて正解だった。
涼しかったんだなあ。
いまじゃもう、2時間がせいぜいだよ。
それも朝のうちならば、だけども。

ゴールデンウィークの間、毎日20度ぐらいまで上昇していたとおもうのですが、
そのような暑さだと散歩も1時間ほどでつらくなってきます。
なるべく朝早く出て、涼しげな道を選んではいるけど、交差点や橋などカンカン照りの場所がキツいんですよね。
湿気があるとなおさらに。

それでもまだこの季節なら、冷たいものでも飲んでちょっと休むと、もう1時間ぐらい楽に歩けたりするかな。
午前中ならば。

CIMG1569
紀ノ国坂から 2017-5/2

さて、最近ようやく若葉がぐんぐん伸びてきて、 それを見ているとたいへん気分がよいことを再認識しております。
目にさわやか、樹木から吹く風がすずしい、木の葉が揺れる音が心地いい。
そして気づかずとも、よい香りや空気が緑から放たれているのかも。

ですので出先でなじみのない緑を見かけたら、ともかくそっちの方へ向かって様子をたしかめる。
なんてことを、まだ寒かった頃からくりかえしているうちに、美しいグリーンスポットへの道をいくつか、新しく覚えました。

CIMG1617
六本木1丁目 スペイン坂 2017-5/6

歩きやすい経路と地下鉄の入り口、それとスーパーや飲食店も頭にはいっているから、散歩のみならず買い物して帰るのもラクになっている。

ウォーキングコースの開拓には時間も費用もかけてしまったけれど、健康ついでに自分の庭を広げたかのようで、ちょっと満ち足りた気分でいます。

CIMG1615
スウェーデン大使館の近くで   2017-5/6

過眠期は終わったけど

朝、6時前に目がさめる。
すんなり起きられますし、7時間ぐらいの睡眠で一日元気にすごしています。

スイミングラフ
グラフはこの7ヶ月間の睡眠時間の推移。
冬眠していたあの頃とくらべると、毎日が奇跡のよう。
( 関連記事→いつ終わるかわからない過眠期 )

ご覧の通り、どうにも不安定であったため、2-3日快調でもそれがつづくとは期待できない状態でした。
理由はよくわからないが、こういう風になりやすい体質で。

そしてこれがまた急に、人並みの睡眠時間で普通に活動できるようになり、それから1か月がたったところです。
午後には家に帰らないと体がもたなかったのに、昼間じゅう出歩いても疲れなくなった。
突然にね。
こういうのは子供時代からよくある現象で、急なんですよ。 体調の変化が。
( 関連記事→予想外に元気な日々 )

おかげで後で振り返るとムダに休んでいたり、ムリに動いてしまった、などが多く、先の体調が読めないことから予定がたてづらいです。
疲れや回復の理由は後付けでいろいろつけられますけど、それをもとに未来予測をしたところで当たらない。
季節要因があるようでいて、派手な例外が多すぎるし。
波も大きかったり小さかったり、長い短いいろいろ。

CIMG1633今回たしかに、毎日のウォーキングをたっぷり増やしたから体力がついたような気はしますが、調子が好転したのが先だと思う。
それでそこから、
→たくさん動ける。
→よく眠れる。
→よく眠れるからスッキリ起きられる
→少ない睡眠ですむ
→起きている時間が増えて、よりたくさん動ける
→もっとよく眠れる
→もっと早く起きられる
という流れになったのじゃないの?

そんなわけで今は、いつまでこんなに好調なのか、もっと良くなるのか、また急に疲れはじめるのか、が気になるところです。

CIMG1629
新宿御苑 大木戸門を入ると甘い香りのする花が。2017-5/7

パイ食べくらべ 。酸っぱいのが好きだ

久しぶりにチェリーパイをいただきました。
梅干し並みにすっぱいところがたいへん気に入っているこの
「ミシガンサワーチェリーパイ」。

CIMG1588Bubby’sというアメリカ風なお店のもので、1ピース税込680円。
ここはアップルパイも独特でうまい。
リンゴ粒がたっぷり。
とろりとしたリンゴソースがねっとり。

CIMG1589パイはほかにも3種類ぐらいありましたが、私はすっぱいフルーツ系まっしぐらです。
大好きだけど高価なので、年に1回ぐらいしか買わないようにしている。
このたびは、散歩帰りにフルーツがたくさん埋め込まれたデザートを探すクセがついてしまい、「そうだ、あそこのおいしいじゃん。」、と思い出し久々に購入したのでした。

CIMG1586おいしいホイップクリームも添えてくれてる。
今回は六本木で買ったのですけど、いままで利用していた八重洲のお店では持ち帰りだとホイップクリームはついてなかった。
どのチェーン店でもそうですが、支店によって、同じ商品でも内容がかなり異なることはよくあります。

さて、チェリーパイはあまり見かけないけれど、アップルパイはどこにでも売っていて味も形も、そして値段もいろいろ。

私の好みは、砂糖の甘さが出ず、ともかくリンゴの酸味がいっぱいのやつです。
シナモンが効いてるのもいいですね。
かつてマメだったころは、レモン汁をたっぷり入れた無糖のアップルパイをよく焼いてて、その味に近いものを求めてるみたい。

パイ生地にはまるでこだわりがないのですが、中身がジャムか蜜みたいに甘いのはダメ。
中のりんごが、琥珀色で味も食感もシロップ漬けっぽいのは苦手でして、白く煮崩れてぼってりしたタイプがよい。
そうすると結局、高級なパン屋さんとかケーキ屋さんに行かないといけないらしい。

パン屋さんのだと、メゾンカイザーさんのアップルパイが最高に口に合う。
大きくてずっしり。CIMG1635
税込303円。
すっぱいりんごフィリングが入っていて、たぶんおいしいバターをたっぷり使っているんでしょう、これ1つでお腹いっぱいになります。

東京に越してきたころ、このパイに出会いホントうれしかった。
まとめ買いして冷凍しておくと安心です。
解凍しても味が落ちる感じも特になく。

( 後日談1 - と、上記のように思っていたのですが、数か月ぶりに買ってみるとリンゴフィリングが大幅に減って軽くなってしまった気がしてならない。
CIMG1636それとも、いつもの店ではなくデパ地下なので、ものが違うのだろうか。
いや、私が大食いになっただけかしら?
2017-5/7 記 )
( 後日談2 - ずっしりしているのはレモンパイ税込303円だったみたいです。
私の記憶ってあいまいだわ。
粉砂糖はかかってるしカラメル状のカリカリが魅力だけにしょっちゅう食べると太るだろう。
しかしこれがまた酸っぱ甘くておいしいの。。
2017-5/13 記 )

「冷蔵庫で明後日までもちます。」というのは、「グラニースミス」というアップルパイ屋さん。
散歩中に銀座でみつけました。
アップルパイばっかり5種類ぐらいは並んでいて、たまんないです。
持ち帰りなら1ピース税込432円からって、このおいしさで他とくらべると大変おトクじゃないかしら。

CIMG1563
左がダッチクランブル、右がクラシックラムレーズン どちらも 税抜400円 (持ち帰りの場合)

こちらで一番好きなのは、期間限定のグラニースミスというりんごを使ったアップルパイ。
すっぱいからね。
季節ものだからいつも置いてるものより税抜きで50円高い。
ほかにはモラセスという蜜を使ったもの(写真左)や、アーモンドクリームやカスタードが入ったタイプとか、甘いの好きな人でも楽しめそうですよ。

その他の店だと、ディーンアンドデルーカのストロベリーアップルパイがヒットでした。
税込で650円ぐらいだったと思う。
おや、今ネットで調べてみたらグラニースミスさんから仕入れているとのこと。
あれま。

元はと言えば今回のデザート探しに火をつけたのはこのディーンアンドデルーカなのです。
イチゴがいっぱい埋め込まれたクリームチーズマフィンの酸っぱうまさに感動したのが始まりで、でも、どれもお値段がよすぎますから、
「見ちゃダメ、買っちゃだめ!」って思っているのに寄るとやっちゃうんだなあ。
サラダなんかも高いけどうまくてねえ。

こういった、おいしくて値の張るものは
「お店で食べない。持ち帰りにする。」 のが大事。
家でいれたドリンクのほうが安上がりでおいしいし、広い席で静かにいただけますもん。

それでもこんな買い物ばかりしてると家計が傷むので、コーヒーショップに行くのを控えるなどして他で穴埋めしなくちゃ。