毎日じめじめでも、いいよ

本日はポツポツ降る中、一時間だけカサさし散歩。
やけに体調がよくって、いつもの目のかゆみもなければ朝食後の眠気もありません。
時折あることとはいえ、何だこりゃって感じです。

CIMG1820きのう昼寝から起きたあたりから、急にシャッキリしだしたのよね。
昼寝をきっかけに元気になることは珍しくないけども・・・。
夜もぐっすり眠り、たった5時間しか寝てないのに良い目覚めだったし。

そういえばここんとこ、やや安定して調子がよいです。
もちろん浮き沈みはあるものの、おだやかな波にとどまっているみたいだ。
冬には9時間くらいはねていたのだが、今は7-8時間でおさまっているのも有難い。

思うに、ここしばらく気候の変動がなかったからではないかな?

雨雲の接近は相変わらず不調をきたすけれど、毎日ぐずついたお天気で湿った風が吹き、気温もだいたい変わらないようだったから。

あとやっぱり、歩くのはいいんですねえ。
繰り返し書いてますが、ダルくても、30分なり1時間なりウォーキングすれば一瞬なりとも活力がわいてくる。
ただ、その活力も止まったらおしまいなので、回遊しつづけないといけませんが。

食事に関しては少ないほうがいいようでいて、たーんと食べてもまるで問題ないときもありますので、見極めがむずかしい。
何をどれだけ食べるべきかって、食べたあとに初めてわかることが多いです。
ああそう、飲み物もね。
こまったことに毎回ちがうもんで。

さて、週間天気予報によると、気温24度から33度でほとんどの日がくもり。
降水確率は連日30-40パーセント。
折りたたみガサをバッグに入れっぱなしにしないと。

7月かあ。
暑いのこわいな。
いろいろ決めないで、気分にまかせて過ごそう。

遊び疲れ

大した雨にもふられず、歩きやすい涼しさの6月だったと思う。

いつの間にやら3時間ぐらいなら気軽にホイホイとウォーキングする習慣がついており、気づいたら5時間、なんて日もあります。
しかし、どうやら私は歩くのが遅いらしい。

先日、休暇中の子供がせまい我が家に一時滞在していて、散歩につきあわせたり一緒に街歩きをしたりしていたのですが、ついて行けないのです。
「お母さん、あるくの遅いね。」だって。
冬はもう少し速いんだけどね・・・。

ともかく都内各所を、彼女とずいぶん歩きまわりました。
その10日ほどのあいだに食べ歩いた様子を、手帳から転記してみます。

大手町・銀座・新橋を散策した日はお昼に和定食、夜はおすし。
翌日は神楽坂でサラダランチとおやつの後、東京ドームシティへ。
次の日渋谷の「パイフェイス」でパイを食べる。
子供と別れた後、通りがかりの代々木公園でベトナムフェスティバルに遭遇し、かねてから興味のあったバインミー(ベトナム風フランスパンのサンドイッチ)に食いつきおなかいっぱい。
こういうお祭りに一人で行っても、と思っていたけど楽しかった。
風が気持ちいいので徒歩帰宅した結果、この日のウォーキング5時間。

他の日には、後楽園で「和幸」のトンカツ定食のあと、水道橋のドンキホーテで買い物し、新宿御苑を散歩してから下北沢へ向かいカフェめぐり。
初めて訪れた下北沢は、建物の軒が低くて、こじんまりしたいい街でした。
後日、上野公園の台湾フェスティバルでまぜそばやらマンゴーかき氷を堪能。
ここで娘はライチビールを飲んでいたが、ライチの味はしないらしい。
次にマルイでショッピングをして、地下の「やなか珈琲店」で休憩。
アイスコーヒーが量たっぷりで苦いため、飲み干すのたいへんであった。

2017-6/25 新宿御苑のそばで
2017-6/25 新宿御苑のそばで

六本木アークヒルズでは、アメリカンダイナーでルーベンという酸っぱいサンドイッチにチェリーパイ、骨董市を楽しんだ。
そのあと、四谷図書館で本を返すと渋谷のスリランカフェスティバルへ歩いて向かう。
眠いから、電車つかうのやめてみた。
辛くて珍しくておいしいスリランカの家庭料理プレートをいただき、アイスティーを2杯飲む。
娘はカイピリーニャっていう、フレッシュなミントとライムがどっさり入ったカクテルを。

そして、原宿から赤坂見附までこれまた歩き、「築地すし好」でお寿司。
広い席でにぎりたてを手頃な値段で。
ここ赤坂では、選挙活動中のマック赤坂さんを見かける。
食べ過ぎたのか、この夜はお腹が少々不調に。

わが家から1時間歩いて赤坂見附へ行った日は、「すぱじろう」で和風スパゲティ。
それから神田神保町でメロンパンをパクつきながら古本屋街をうろつきスポーツ店をみてまわり、ペーパードリップで淹れてくれる「glitch」さんでコーヒーを。
香りがよく苦くなくておいしい。
そのまた後に新宿へ移動し「果実園」でフルーツズコットのおやつ。
果実がたっぷりでうまいの、ここのケーキは。

最終日は両国でちゃんこなべランチのあと、羽田空港へお見送り。
見送り前に、「茶寮 伊藤園」でほうじ茶と抹茶のミックスソフトクリームをいただく。
ヒマなので空港から品川まで2時間半、歩いてみた。
これで交通費500円ぐらいを浮かす。
さらにもう2時間ほど、家まで歩きつづけたい気分だったけど、レンタルふとん(子供の滞在用に借りていた)の返却回収の時間にまにあわないから断念。
いつか完歩したい。

いやはや、遊びとはいえ、私にも夜まで外を歩き回ることができることがわかり、ちょっと安心しました。
それにしても、うちの子はこれらの観光以外にもお友達とさかんに遊んでおり、朝寝坊をするでもなくすごく元気。
その体力、尊敬するわ。

さすがに疲れたのか、子供を見送ってからのここ2日ほどは家にこもって休息いたしました。
私が自炊をしないからと、鍋いっぱいに作ってくれたカレーを小分け冷凍したものがあるから買物しないでもOK。
CIMG1817CIMG1819
うちには米がないんで、私好みのレトルトごはんも買い置いてくれた。
よー食べまわって胃腸もやや疲れ気味です。
お昼にこれ一食でいちにち大満足だな。
CIMG1814キノコもナスも入ってて、手作りならではの具だくさん。
チキンは柔らかくておいしい。
ナチュラルチーズを散らして温めるのが好きです。

明日は雨でも出かけなきゃ。

雨降る前に歩きだめ

CIMG1796午後は雨との予報。
けど気温19度とすずしいので、朝のうちにがっちり歩いておくことに。

外濠公園の緑深い茂みをうっとりながめながら進んでいると、朝鮮朝顔に出くわしてびっくり。
この花に遭遇するたびに大きさにギョッとしてしまう。
でも淡い色がとても美しく、おだやかな朝日をうけて生き生きしておりました。

CIMG1794次に、暑い日には決して行かない開けた道へ。
走っている人がたくさんいます。
くもり空に湿った風がひんやりと快適。
こんな日に走るのきもちいいだろうな。

CIMG1803お堀の水辺がキラキラときれいなので、これをバックに草花の写真をとってみる。
晴れていると明るすぎてうまくとれないところですが、今日はうまく映ってくれた。
面白いのはこの3枚。
CIMG1804CIMG1805CIMG1809
同じ場所で、ほぼ同時に撮っているのに、ほんのちょっとの位置やズームの加減で色合いが変わるのです。
デジカメさんが自動で調整してくれるらしい。

ところで、ここんとこ意外に散歩むきな日がつづいていて、暑さを警戒していたのに拍子抜けです。
2-3時間のウォーキングもさらっとこなせちゃう。
今日も買い物袋さげた帰りぐらいは地下鉄を使うつもりだったのだが、苦もなく計3時間、歩いてまいりました。
なぜか帰りはあっという間なので、迷ったら歩くに限る。

近頃はいちにちの運動量を決めることなく、その日の調子に合わせて家でのんびりしたり、やたら歩いたりと、気まぐれにまかせております。
春先からはじまる「脳に膜がかかったかんじ」には慣れてきたけど、天候で劇ブレする気分は相変わらず。
目もとは再び赤切れてかゆーいし。

そして思いもよらずまた、夜よく眠れるようになっている。

眠れない夜の音

雨は降りそうで降らず、わりかし過ごしやすい。
おかげで長距離ウォーキングをつづけられています。

CIMG1769けれど、歩いていてもかなり眠くて、意識がスッキリしないのが残念。
新緑も見慣れてきたから感動がうすれてきてしまった。
それにこのごろ、また眠れぬ夜がつづいているのです。

疲れて眠くて起きていられないので23時には消灯し床につくのですけど、入眠に何時間もかかってしまう。
昨夜など、周囲がやけにさわがしく、「眠いのに眠れない状況」に2-3時間苦しみました。

車の音、話し声、テレビの音やら足音にドアの開閉音・・・がひどく大きく感じられるこんな日、いや時期かな?、は、ちょくちょくあります。
「ねむれないから音が大きく感じるのか?」と思ったりはする。
何の音も気にすることなくグッスリ、という日々もあるので。

だけども、たぶん午前2時ぐらいにやっと、ご近所さんが寝静まり車の往来がなくなってシーンとするのを確認すると同時に、「ああこれで眠りに落ちていける。すやすや・・・。」という自覚があるってことは、やっぱり音に対して過敏になってはいるのだろう。
年末年始や連休中などは、まわりの住人が留守だったり車が少なかったりでとてもしずかになり、確実によく眠れています。

CIMG1774しかし、普通の平日に物音感じずスーッと寝入ってしまえる時というのは、たまたま静かなのか、眠りが深くて何も耳にはいらないのか、どっちだろう。
なぜに眠れたり眠れなかったりするのかも、いまだにサッパリわかりません。

子供みたいにクーっとねむりたいなあ・・・。
夜更かしも朝寝坊もしてないってのに昼間じゅう眠いなんて、おもしろくないです。
ま、起きて体を動かすことはできてるのだから、いいか。

和惣菜で一品目ずつ味わう

気候がジメジメしてくると同時に、さっぱりした和食を好むようになりました。

結局自炊は長続きせず、おいしい惣菜店をさがしたりなどしております。
ネットで下調べすると効率もよく、これがなかなか楽しい。

Googleマップで家の近所によさそうなお弁当屋さん、それもおかずを選べて雑穀ごはんにもできる、いわゆるデリをみつけ、先日ようやく行ってみました。
「デリ吉」さんといいます。
たとえ近所でも、ついでの用がめったにないエリアにあるとなかなか寄れないものでして。

お値段がすごくやさしい。
よくばって5種盛り雑穀ごはん付き 税込815円 を買ってみる。
豪華だ。 おせちみたい。
CIMG1716薄めの味付けでどれもおいしかった。
ハンバーグはふんわりやわらかく、お魚も野菜もたっぷりでしあわせ。
こんなん、デパートだと倍はお支払しないと手に入りませんよ。
ご飯はかなり白くて、あまり雑穀は入ってないようです。
次回はおかずだけ買ってみようと思う。

駅やデパートには必ず、「30品目のサラダ」などというのが売っていて、これで手軽に栄養バランスはとれるのかもしれません。
それが、幾度か試してみたものの、あまりおいしいと思えないのです。
品目が多いと苦手なものが必ず入っている、というのもある。
しかしどうやら、一品目をじっくり味わうほうが好きってことらしい。

で、次に飛びついたのが、セロリのパリパリ漬け 税込308円と、シャキシャキれんこんの梅しそサラダ 税込299円。
新宿駅の、ピッカピカに新設された新南改札内。
「和Saiの国」というお店で。
CIMG1722セロリは特に気に入って、もう3回買っています。
すこし昆布の味がするみたい。
れんこんは歯ごたえが好きなのですけど、ちょっと甘酢が苦手かも。
ともかく、
「生の野菜をシャキシャキとかむ。」と、食事の満足感が増すようだ。

CIMG1746ハタの香味グリル山椒風味 税込670円 もためしてみました。
こういう白くて品のよさそうなお魚は食べ慣れませんで、
「ずいぶんサッパリしている。タラみたい。」
というのが一口目の感想。
なじみがないお魚なので高いのかどうかも不明。

ですが、添えられているグリル野菜が歯ごたえがあって味わい深く、食べすすめていくうちに
「このお魚もけっこう旨みがあるなあ。いいダシでてる。」という感じに。
味付けはほとんどせずに、ただグリルしてくれているおかげで、野菜それぞれの味も楽しめるのでしょう。

私はよさそうなお店をみつけると、2-3回通い詰めて、
「そこに寄ったら買いたいもの」を決めるクセがあります。
この「和Saiの国」さんも、散歩帰りに便利な駅のなかにあるので3回出向いて調査。
何となくうれしいのは、東京だと2店舗ほどしかないこと。
関西に多いようなんですね。
だから色も味も薄めなのかしら?

では、その他の感想もざっとご紹介しますと・・・。
若鶏の唐揚げ 税込247円
CIMG1750山椒の香りが素晴らしくて、目をとじてクンクンしてしまった。
唐揚げは普通です。
山椒はうなぎなどのぺらっとしたものの方が合うように思う。
鶏の唐揚げなら、ショウガ醤油か、塩こしょう味のほうが好みなのだろう。

青シソ鶏天 税込291円
CIMG1779この店で揚げた鶏ならこっちだ。
レモンがうれしい。

メヌケのトマトハーブグリル 税込597円
CIMG1781お魚は、上記ハタのグリルよりしっとりとキメがやわらかくて味がある。
トマトソースも美味なんですが、魚のわきに玉ねぎが大量に埋まっており、なぜか損した気に。
お魚だけを購入して味わえるとよいのだが。
ソースもなにもなしに。