和惣菜で一品目ずつ味わう

気候がジメジメしてくると同時に、さっぱりした和食を好むようになりました。

結局自炊は長続きせず、おいしい惣菜店をさがしたりなどしております。
ネットで下調べすると効率もよく、これがなかなか楽しい。

Googleマップで家の近所によさそうなお弁当屋さん、それもおかずを選べて雑穀ごはんにもできる、いわゆるデリをみつけ、先日ようやく行ってみました。
「デリ吉」さんといいます。
たとえ近所でも、ついでの用がめったにないエリアにあるとなかなか寄れないものでして。

お値段がすごくやさしい。
よくばって5種盛り雑穀ごはん付き 税込815円 を買ってみる。
豪華だ。 おせちみたい。
CIMG1716薄めの味付けでどれもおいしかった。
ハンバーグはふんわりやわらかく、お魚も野菜もたっぷりでしあわせ。
こんなん、デパートだと倍はお支払しないと手に入りませんよ。
ご飯はかなり白くて、あまり雑穀は入ってないようです。
次回はおかずだけ買ってみようと思う。

駅やデパートには必ず、「30品目のサラダ」などというのが売っていて、これで手軽に栄養バランスはとれるのかもしれません。
それが、幾度か試してみたものの、あまりおいしいと思えないのです。
品目が多いと苦手なものが必ず入っている、というのもある。
しかしどうやら、一品目をじっくり味わうほうが好きってことらしい。

で、次に飛びついたのが、セロリのパリパリ漬け 税込308円と、シャキシャキれんこんの梅しそサラダ 税込299円。
新宿駅の、ピッカピカに新設された新南改札内。
「和Saiの国」というお店で。
CIMG1722セロリは特に気に入って、もう3回買っています。
すこし昆布の味がするみたい。
れんこんは歯ごたえが好きなのですけど、ちょっと甘酢が苦手かも。
ともかく、
「生の野菜をシャキシャキとかむ。」と、食事の満足感が増すようだ。

CIMG1746ハタの香味グリル山椒風味 税込670円 もためしてみました。
こういう白くて品のよさそうなお魚は食べ慣れませんで、
「ずいぶんサッパリしている。タラみたい。」
というのが一口目の感想。
なじみがないお魚なので高いのかどうかも不明。

ですが、添えられているグリル野菜が歯ごたえがあって味わい深く、食べすすめていくうちに
「このお魚もけっこう旨みがあるなあ。いいダシでてる。」という感じに。
味付けはほとんどせずに、ただグリルしてくれているおかげで、野菜それぞれの味も楽しめるのでしょう。

私はよさそうなお店をみつけると、2-3回通い詰めて、
「そこに寄ったら買いたいもの」を決めるクセがあります。
この「和Saiの国」さんも、散歩帰りに便利な駅のなかにあるので3回出向いて調査。
何となくうれしいのは、東京だと2店舗ほどしかないこと。
関西に多いようなんですね。
だから色も味も薄めなのかしら?

では、その他の感想もざっとご紹介しますと・・・。
若鶏の唐揚げ 税込247円
CIMG1750山椒の香りが素晴らしくて、目をとじてクンクンしてしまった。
唐揚げは普通です。
山椒はうなぎなどのぺらっとしたものの方が合うように思う。
鶏の唐揚げなら、ショウガ醤油か、塩こしょう味のほうが好みなのだろう。

青シソ鶏天 税込291円
CIMG1779この店で揚げた鶏ならこっちだ。
レモンがうれしい。

メヌケのトマトハーブグリル 税込597円
CIMG1781お魚は、上記ハタのグリルよりしっとりとキメがやわらかくて味がある。
トマトソースも美味なんですが、魚のわきに玉ねぎが大量に埋まっており、なぜか損した気に。
お魚だけを購入して味わえるとよいのだが。
ソースもなにもなしに。