Rails tutorial 終わる

今日でプログラミング学習が一区切りつきます。
「Ruby on Rails チュートリアル」というネット上のテキストのようなものを利用して1ヶ月ちょっと勉強しました。 テキストの指示通り進めた結果、いくつかのwebアプリケーションがきれいに出来上がってはいますが、「プログラミング技術が身に付いた」感じは全くせず。

むしろ、「読んでも実践しても意味がわからないテキストを、また、時間かけて最後まで読んでしまった。」ことに少々不満を感じています。
今回費やした勉強時間が100時間ちょっと。 webに公開されているものを利用したので費用はほぼゼロ。

IT・情報処理の勉強は、過去5年足らずの間にけっこうな費用もかけてたくさんやりました。 といってもたった2,000時間程度ですから、業務経験のある人たちにはかなわないと思う。 私の正社員経験はシステムエンジニアの2年間だけ(20年以上前です)なので、どこかでコンピュータの知識を求められてもよいように、いくつか資格(基本情報技術者とCCNA)を取得したり、プログラミングの講習を受けてみたりしたのです。

IT系の仕事ならお給料がよいというのが当初のもくろみだったのですけど、合格した資格試験の内容も、今回終えた教材もぜんぜん面白くないというか、興味ないというか・・・。 応用情報技術者試験に4回失敗したあたりから「この分野、無理。」という感じにはなってました。
長時間労働が基本で若い男性を欲しがる業界でもあるから、今更ながら遠慮したい思いがあります。 それ以前に雇ってもらえないだろうし。

今日の散歩は久しぶりのお天気なので革のブーツで近所を。 中敷き入れてみたが歩きにくい。 ヒマなうちに足に合う靴をなるべくたくさんみつけておきたいものです。
< ウォーキング 12:00- 約1時間 > 天気予報は晴れ 20度ぐらい。

過去と今と、次は

応用情報技術者試験の失敗で過去ばかり振り返っていたら、すっかり今のことを考えなくなっていました。
「焦るとあぶない」 これを忘れないようにして、次に進まないと。

朝晩ダルいけど、ここ2-3年のひどい疲れと比べるとずっと良くなってます。 昼寝も必要なくなったし、睡眠も8時間あれば大丈夫。 それに、家で午後に勉強できている。
朝起きて、運動や食事もそこそこ規則正しい生活だ。

しかし・・・いつになったら働けるのか?
今働き出したところで、すぐやめるだろうな。 ともかく焦らないでおこう。

本日のウォーキング1.5時間。 天気は晴れ、24度ぐらいでした。

ムダだったかもスキルアップ

先日の応用情報技術者試験を機に、今までスキルアップに費やした勉強時間などをリストアップしてみました。

失業してから5年ほどの間、英語・簿記・IT情報処理などの試験を受けたり講習コースをとったりしており、勉強時間は日によって違いますが平均して3-4時間だったと思います。
「次回こそは少しでもよい仕事につきたい」というのがそもそもの始まりでした。
派遣事務の仕事はほとんど雑用で、目立った技術も知識も身に付いていないことには危機感いっぱいでしたし。

その勉強が最近になって、「ムダな努力だったのかも」と感じるようになっています。 多少の知識を身につけたところで、「業務経験といえば事務しかない中年の現実」ってものにやっと目を向け始めた、と申しますか・・・。

私はいつもこんな感じで、立ち止まって考えず、何年も誤っているかもしれない方向に進み続けてあるとき突然軌道修正し出すのです。
今回はひとつ振り返って追究しておかないと。

今日のウォーキングは1.5時間。 天気は晴れ、22度ぐらいでした。

4回失敗した応用情報技術者試験

昨夜、応用情報技術者試験の解答速報が出ていたので自己採点を。

前回は、午後試験が1点不足で不合格。
今回は5点ぐらい不足で不合格と予想します。
(後日談)結局今回は2点不足で不合格でした。午前試験はよい点とれてたけれど。
前回の受験後にもうあきらめていて、今回まったく勉強しなかったにも関わらず、なぜか期待を高めてしまっていたためすごーくがっかりしてしまった。

この試験に費やした勉強時間は計600時間ぐらい。 資格学校に通ってお金もかけています。 結果として、もっと早くにあきらめればよかったと後悔しております。 午前試験はガリ勉さえすれば楽勝ですが、午後試験は私の錆びた頭だと、さらに1,000時間ぐらいの学習時間が必要みたい。 合格しても業務経験がないに等しいので、就職できるってわけじゃないでしょうし。

反省ついでにこの場を借りて、過去4回の受験を振り返っておきます。

(1回目) 2年ほど前に基本情報技術者試験に合格していたので1つ上のレベルであるこの試験を受験。 引越等による忙しさと疲労で全く勉強せず。 採点結果を確認する余裕さえなかった。 当然不合格。

(2回目) 対策講座を受講し280時間ほど勉強。 講義が理解できず、自分でテキストを読み進めたりといろいろ工夫。 まだ疲れがひどい時期だったと思う。
2ヶ月ぐらい集中学習したのだが、いくらやっても理解できないのが辛かった。 システムエンジニア時代に経験した「全然わからない」感覚とまったく同様。 学生時代に苦手な教科(理科と社会)の勉強をしていたときとも同様の感覚だった。
午前合格、午後5点不足で不合格。

(3回目) 2回目受験直後にネットワーク系の資格(CCNA)を取得したが、この勉強も非常につらく、毎朝やめるべきか考えながら学習し続けて幸い一度で合格したものの、この分野の仕事に関わりたくないとまで思う。
再受講割引を利用して資格学校の自習室を中心にさらに300時間ほど勉強。 もう本当につらくてストレス食いで太る。 受験前にもう気持ちが負けていて、あきらめていた。 勉強量に対する成果・見返りが望めない。 この勉強はやめるべきと確信する。
午前合格、午後1点不足で不合格。

(4回目→今回) もうこの試験の勉強はやめることにしていたが、ひょっとしたら又やる気になるかもと受験申し込みをする。 準備は全くせず、受験料がもったいないので一応受けた。 自己採点は午前はたぶん合格、午後5点ぐらい不足で不合格。
(後日出た4回目→今回の結果は、)午前合格、午後2点不足で不合格。

(反省) 疲れて焦っていたので「前進しているように見える勉強」を続けてしまったようです。
2回目あたりでやめておけば、休息とか他のもっと有意義なことができたと思うのだが。

本日のウォーキングは2時間。 天気はくもり、21度ぐらいでした。

webテキストを印刷して読む

頭が働かないので何も考えず公園散歩。 今日のウォーキング1.5時間。
そんなに元気ってわけではないのに、なぜか早歩きです。

今日から又プログラミング学習しないと。
コーヒーショップで読めるようにと印刷したテキストを持ち歩く。 テキストはネット上にあるのですが、画面の文字を追うのが大変なのもあり、わざわざ印刷して読んでいます。
使用する用紙とカートリッジを考えると、市販のテキストぐらいの費用になってしまうかもしれませんね。

さて、今回まったく勉強せず受験した一昨日の応用情報技術者試験。 午前試験の解答速報が出ていたので自己採点をしたところ、前回からそれほど点が下がることもなく余裕の合格点でした。
午後試験も合格してるのではと期待がおさえられない。
絶対落ちてるって!

天気は晴れ、23度ぐらいでした。