霧雨ウォーキング

四谷図書館へいくときは、千駄ヶ谷駅から新宿御苑をとおりがてら、森林浴ウォーキングをするのがお決まりです。
今日はささっと通過するだけのつもりが、霞がかった木々が美しいのでゆっくりしてしまった。

CIMG1828カサはもっていたけど、霧雨が心地よいのでささずじまい。
だって、こういうお天気そうしょっちゅうはないでしょ。
熱くないサウナか滝のすぐ近く、みたいな空気がいいんです。
雨模様だから人もすくなくて、しずか。
幻想的なお散歩でした。

で、本日返却する本はこれ。CIMG1830夏木静子の、ミステリー小説ではなくて、ご本人の腰痛体験が書かれている。
ありとあらゆる療法をためすエネルギーに感心するとともに、多くのひとびとの協力ぶりがすごい。
オチも興味深いです。
痛みもかゆみも、ジタバタしているうちは案外ダメで、解決するときはあっけないのよねー。

CIMG1827そして帰りは、お昼をどうするかでけっこう迷う。
家で冷やっこを食す予定だ。
だから、それに合うものを何か。
いつもならサラダや漬物を買うのだが、それじゃ冷たいもんばっかりになるし、気分的には洋食。
それも溶け焦げたチーズがのっかってる硬いパンがいいな・・・。
てことで、こんなお昼になりました。
CIMG1835GARDEN HOUSE CRAFTS 新宿駅構内 の 米茄子とベーコン・トマトのタルティーヌ 税込380円。
冷奴と合います。
ナスがおいしい。

雨のおかげ(?)で、本日のウォーキングは2時間半こなせました。

遊び疲れ

大した雨にもふられず、歩きやすい涼しさの6月だったと思う。

いつの間にやら3時間ぐらいなら気軽にホイホイとウォーキングする習慣がついており、気づいたら5時間、なんて日もあります。
しかし、どうやら私は歩くのが遅いらしい。

先日、休暇中の子供がせまい我が家に一時滞在していて、散歩につきあわせたり一緒に街歩きをしたりしていたのですが、ついて行けないのです。
「お母さん、あるくの遅いね。」だって。
冬はもう少し速いんだけどね・・・。

ともかく都内各所を、彼女とずいぶん歩きまわりました。
その10日ほどのあいだに食べ歩いた様子を、手帳から転記してみます。

大手町・銀座・新橋を散策した日はお昼に和定食、夜はおすし。
翌日は神楽坂でサラダランチとおやつの後、東京ドームシティへ。
次の日渋谷の「パイフェイス」でパイを食べる。
子供と別れた後、通りがかりの代々木公園でベトナムフェスティバルに遭遇し、かねてから興味のあったバインミー(ベトナム風フランスパンのサンドイッチ)に食いつきおなかいっぱい。
こういうお祭りに一人で行っても、と思っていたけど楽しかった。
風が気持ちいいので徒歩帰宅した結果、この日のウォーキング5時間。

他の日には、後楽園で「和幸」のトンカツ定食のあと、水道橋のドンキホーテで買い物し、新宿御苑を散歩してから下北沢へ向かいカフェめぐり。
初めて訪れた下北沢は、建物の軒が低くて、こじんまりしたいい街でした。
後日、上野公園の台湾フェスティバルでまぜそばやらマンゴーかき氷を堪能。
ここで娘はライチビールを飲んでいたが、ライチの味はしないらしい。
次にマルイでショッピングをして、地下の「やなか珈琲店」で休憩。
アイスコーヒーが量たっぷりで苦いため、飲み干すのたいへんであった。

2017-6/25 新宿御苑のそばで
2017-6/25 新宿御苑のそばで

六本木アークヒルズでは、アメリカンダイナーでルーベンという酸っぱいサンドイッチにチェリーパイ、骨董市を楽しんだ。
そのあと、四谷図書館で本を返すと渋谷のスリランカフェスティバルへ歩いて向かう。
眠いから、電車つかうのやめてみた。
辛くて珍しくておいしいスリランカの家庭料理プレートをいただき、アイスティーを2杯飲む。
娘はカイピリーニャっていう、フレッシュなミントとライムがどっさり入ったカクテルを。

そして、原宿から赤坂見附までこれまた歩き、「築地すし好」でお寿司。
広い席でにぎりたてを手頃な値段で。
ここ赤坂では、選挙活動中のマック赤坂さんを見かける。
食べ過ぎたのか、この夜はお腹が少々不調に。

わが家から1時間歩いて赤坂見附へ行った日は、「すぱじろう」で和風スパゲティ。
それから神田神保町でメロンパンをパクつきながら古本屋街をうろつきスポーツ店をみてまわり、ペーパードリップで淹れてくれる「glitch」さんでコーヒーを。
香りがよく苦くなくておいしい。
そのまた後に新宿へ移動し「果実園」でフルーツズコットのおやつ。
果実がたっぷりでうまいの、ここのケーキは。

最終日は両国でちゃんこなべランチのあと、羽田空港へお見送り。
見送り前に、「茶寮 伊藤園」でほうじ茶と抹茶のミックスソフトクリームをいただく。
ヒマなので空港から品川まで2時間半、歩いてみた。
これで交通費500円ぐらいを浮かす。
さらにもう2時間ほど、家まで歩きつづけたい気分だったけど、レンタルふとん(子供の滞在用に借りていた)の返却回収の時間にまにあわないから断念。
いつか完歩したい。

いやはや、遊びとはいえ、私にも夜まで外を歩き回ることができることがわかり、ちょっと安心しました。
それにしても、うちの子はこれらの観光以外にもお友達とさかんに遊んでおり、朝寝坊をするでもなくすごく元気。
その体力、尊敬するわ。

さすがに疲れたのか、子供を見送ってからのここ2日ほどは家にこもって休息いたしました。
私が自炊をしないからと、鍋いっぱいに作ってくれたカレーを小分け冷凍したものがあるから買物しないでもOK。
CIMG1817CIMG1819
うちには米がないんで、私好みのレトルトごはんも買い置いてくれた。
よー食べまわって胃腸もやや疲れ気味です。
お昼にこれ一食でいちにち大満足だな。
CIMG1814キノコもナスも入ってて、手作りならではの具だくさん。
チキンは柔らかくておいしい。
ナチュラルチーズを散らして温めるのが好きです。

明日は雨でも出かけなきゃ。

和惣菜で一品目ずつ味わう

気候がジメジメしてくると同時に、さっぱりした和食を好むようになりました。

結局自炊は長続きせず、おいしい惣菜店をさがしたりなどしております。
ネットで下調べすると効率もよく、これがなかなか楽しい。

Googleマップで家の近所によさそうなお弁当屋さん、それもおかずを選べて雑穀ごはんにもできる、いわゆるデリをみつけ、先日ようやく行ってみました。
「デリ吉」さんといいます。
たとえ近所でも、ついでの用がめったにないエリアにあるとなかなか寄れないものでして。

お値段がすごくやさしい。
よくばって5種盛り雑穀ごはん付き 税込815円 を買ってみる。
豪華だ。 おせちみたい。
CIMG1716薄めの味付けでどれもおいしかった。
ハンバーグはふんわりやわらかく、お魚も野菜もたっぷりでしあわせ。
こんなん、デパートだと倍はお支払しないと手に入りませんよ。
ご飯はかなり白くて、あまり雑穀は入ってないようです。
次回はおかずだけ買ってみようと思う。

駅やデパートには必ず、「30品目のサラダ」などというのが売っていて、これで手軽に栄養バランスはとれるのかもしれません。
それが、幾度か試してみたものの、あまりおいしいと思えないのです。
品目が多いと苦手なものが必ず入っている、というのもある。
しかしどうやら、一品目をじっくり味わうほうが好きってことらしい。

で、次に飛びついたのが、セロリのパリパリ漬け 税込308円と、シャキシャキれんこんの梅しそサラダ 税込299円。
新宿駅の、ピッカピカに新設された新南改札内。
「和Saiの国」というお店で。
CIMG1722セロリは特に気に入って、もう3回買っています。
すこし昆布の味がするみたい。
れんこんは歯ごたえが好きなのですけど、ちょっと甘酢が苦手かも。
ともかく、
「生の野菜をシャキシャキとかむ。」と、食事の満足感が増すようだ。

CIMG1746ハタの香味グリル山椒風味 税込670円 もためしてみました。
こういう白くて品のよさそうなお魚は食べ慣れませんで、
「ずいぶんサッパリしている。タラみたい。」
というのが一口目の感想。
なじみがないお魚なので高いのかどうかも不明。

ですが、添えられているグリル野菜が歯ごたえがあって味わい深く、食べすすめていくうちに
「このお魚もけっこう旨みがあるなあ。いいダシでてる。」という感じに。
味付けはほとんどせずに、ただグリルしてくれているおかげで、野菜それぞれの味も楽しめるのでしょう。

私はよさそうなお店をみつけると、2-3回通い詰めて、
「そこに寄ったら買いたいもの」を決めるクセがあります。
この「和Saiの国」さんも、散歩帰りに便利な駅のなかにあるので3回出向いて調査。
何となくうれしいのは、東京だと2店舗ほどしかないこと。
関西に多いようなんですね。
だから色も味も薄めなのかしら?

では、その他の感想もざっとご紹介しますと・・・。
若鶏の唐揚げ 税込247円
CIMG1750山椒の香りが素晴らしくて、目をとじてクンクンしてしまった。
唐揚げは普通です。
山椒はうなぎなどのぺらっとしたものの方が合うように思う。
鶏の唐揚げなら、ショウガ醤油か、塩こしょう味のほうが好みなのだろう。

青シソ鶏天 税込291円
CIMG1779この店で揚げた鶏ならこっちだ。
レモンがうれしい。

メヌケのトマトハーブグリル 税込597円
CIMG1781お魚は、上記ハタのグリルよりしっとりとキメがやわらかくて味がある。
トマトソースも美味なんですが、魚のわきに玉ねぎが大量に埋まっており、なぜか損した気に。
お魚だけを購入して味わえるとよいのだが。
ソースもなにもなしに。

サラダを買い比べていたら肉が食べたくなった

運動をふやしても意外にやせられないものですね。
やっぱり食事の内容が体重を左右するみたい。
胃腸が弱くて小食だったはずの私ですが、なぜだか 「食べられる時期」 が長くつづいている。
おかげで2キロほど太ってから元にもどすまで、2か月ぐらいかかりました。

CIMG1644
2017-5/13 雨の散歩中に

手始めに、17時以降に飲み食いするようになっていたのをキッパリやめてみた。
しかし昼間おもいきり食べてしまうからか、あまり効果なし。
朝食はとっているのに、散歩帰りに 「午前なら平気さ。」 とコーヒーショップでお得なモーニングなどいただいてたんですが、午前のおやつをなしにすると翌日やせてたりします。
必ずしも 「夜食べなけりゃやせる。」ってわけじゃないんだ。

そこで次は野菜をふやして炭水化物をへらそう、とサラダを買うようになりました。
冬は野菜のたくさん入ったスープを夕食にしていたものですが、ちょうど暖かくなって、散歩の後の生野菜がおいしいのです。

去年は暑い中のウォーキングのあと、コンビニでアイスコーヒーを持ち帰りクッキーとか果物とかといっしょに飲むのが好きでした。
でも今はもっぱらノンアルコールビールとサラダを。

春からウォーキングをふやしたので帰宅するとお昼ぐらいになる。
最近暑かったから、こういうランチがぴったりなのよね。
初めはセブンイレブンのシーザーサラダ(税込330円ぐらい。キャベツは入ってなくて、かなり好きです。)と唐揚げなどを求めていましたが、次第に豪華なサラダをさがし歩くようになっていたのでした。

CIMG1579写真はディーンアンドデルーカのケイジャンチキンサラダ 税込600円ぐらい。
香辛料の効いたケイジャンチキンがおいしく、この白いドレッシング、いやサワークリームか?がさっぱりしていてよく合います。
お高いので勇気だして買ってみたんだけど、すごく気に入ってしまった。

物足りないのでカマンベールチーズ(1コあたり66円)とか、柿ピーの子袋(50円ぐらい)なんかも並べたりして、晩酌みたいなことになっている。
幸せ。

これに味をしめたものの、もう少しお買い得なサラダはないかとサンドイッチチェーンのサブウェイへ。
シーザーサラダにエビを追加して 税込680円。
量たっぷりで具もいろいろだから、かなり満足できます。
家で食す直前にドレッシングをかけたいのでシーザードレッシングは遠慮。
オイルアンドビネガーの子袋をもらいました。

CIMG1611ピーマンとオニオンを抜いてもらっている。
上にのっけるものを(この写真だとクルトン・エビ・ベーコンはなしで)ローストチキンだけにすれば 税込410円でつくってもらえます。
好きなもの乗せて、嫌いなもの抜いてもらえるのがいい。
その日のお財布事情にも合わせてね。

そうこうしてるうちに目に入ってきたのがサラダボウル専門店のWith Green さん。
いちどデパ地下でみかけて、調べてみたらわが家の近くに本店とおぼしきものがあった!
あらかじめ家でメニューを吟味して、はりきって購入したのがこれ。
CIMG1638 ハーブチキンと彩り野菜のサラダ M 税込1,080円。
大きい。 一人で食べる量じゃないかも。
ドレッシングは10種類ぐらいから選べるんで、酸っぱそうな「梅」ドレッシングにしてみた。
苦手なオニオンはここでも抜いてもらい、代わりにトマト増量。
トッピングの種類ももちろん豊富でした。

うん。キュウリがシャキシャキ。
グリーンリーフもピンピンして厚みがあるのに柔らかくうまみを感じます。
野菜をかむのって何て気持ちがいいんでしょう・・・。

サイコロ状のチキンがどっさりのっかっているんで一回じゃ食べきれないかと思いきや、しょせん主役は野菜です。
全部平らげちゃってもずっとお腹がはるようなことはありませんでした。

さて、サラダ探しに夢中になり、ついに千円越え。
ホントはローストポークとかローストビーフのサラダも常用したいのだが、どうしても安いもんでチキンを選ぶことになる。
だいたいローストビーフのサラダっていうのは、うすーいお肉がちょっぴりだけ、とかお肉の下はタマネギだらけ、なのにやたら高価なことが多いでしょ。

それに、ここらでそろそろ「肉のカタマリを食らいたい。」 と切実に思うようになってきた。
「自分で作れるとよいのだが。」 とも。
ちっとも小食にもどらないから、食費も心配になってきました。
で、昨日はステーキをひさしぶりに焼く。
ここしばらく、寝るのと歩くのにいそがしくて、自炊など半年ぶりではないか。

CIMG1653 アメリカ産ビーフサーロイン160gは税込686円。
念願の肉のかたまり、あーおいしい。
セブンファームの小松菜は1袋100円。
茎が太めの大きいタイプで、苦みはなくシャキシャキです。
イトーヨーカドーのネットスーパーで仕入れました。

一人暮らしの女性は野菜は摂ってもタンパク質が不足しがち。
との記事を読んだこともあり、機会があれば肉・魚・卵・豆腐の類をとるようにしているの。

実はいちどの自炊でひどく疲れてしまうことがあるので不安でしたが、たいして面倒にも感じずサクサクと片付けまで終えられた。
よかったー。
それで本日もいつものやつ、肉と青菜の蒸し焼きを調理してお昼に。
CIMG1658 (調理手順→肉と野菜の蒸し焼き
小松菜が苦いのが残念。
でも豚バラのこんがりカリカリが最高。

自炊っていったらこればっかし。
サラダもぜひ作りたいんだけど、本日は石みたいに硬いレタスしか見当たらなかった。
今後はおいしい青野菜さがしができるといいなあ。

パイ食べくらべ 。酸っぱいのが好きだ

久しぶりにチェリーパイをいただきました。
梅干し並みにすっぱいところがたいへん気に入っているこの
「ミシガンサワーチェリーパイ」。

CIMG1588Bubby’sというアメリカ風なお店のもので、1ピース税込680円。
ここはアップルパイも独特でうまい。
リンゴ粒がたっぷり。
とろりとしたリンゴソースがねっとり。

CIMG1589パイはほかにも3種類ぐらいありましたが、私はすっぱいフルーツ系まっしぐらです。
大好きだけど高価なので、年に1回ぐらいしか買わないようにしている。
このたびは、散歩帰りにフルーツがたくさん埋め込まれたデザートを探すクセがついてしまい、「そうだ、あそこのおいしいじゃん。」、と思い出し久々に購入したのでした。

CIMG1586おいしいホイップクリームも添えてくれてる。
今回は六本木で買ったのですけど、いままで利用していた八重洲のお店では持ち帰りだとホイップクリームはついてなかった。
どのチェーン店でもそうですが、支店によって、同じ商品でも内容がかなり異なることはよくあります。

さて、チェリーパイはあまり見かけないけれど、アップルパイはどこにでも売っていて味も形も、そして値段もいろいろ。

私の好みは、砂糖の甘さが出ず、ともかくリンゴの酸味がいっぱいのやつです。
シナモンが効いてるのもいいですね。
かつてマメだったころは、レモン汁をたっぷり入れた無糖のアップルパイをよく焼いてて、その味に近いものを求めてるみたい。

パイ生地にはまるでこだわりがないのですが、中身がジャムか蜜みたいに甘いのはダメ。
中のりんごが、琥珀色で味も食感もシロップ漬けっぽいのは苦手でして、白く煮崩れてぼってりしたタイプがよい。
そうすると結局、高級なパン屋さんとかケーキ屋さんに行かないといけないらしい。

パン屋さんのだと、メゾンカイザーさんのアップルパイが最高に口に合う。
大きくてずっしり。CIMG1635
税込303円。
すっぱいりんごフィリングが入っていて、たぶんおいしいバターをたっぷり使っているんでしょう、これ1つでお腹いっぱいになります。

東京に越してきたころ、このパイに出会いホントうれしかった。
まとめ買いして冷凍しておくと安心です。
解凍しても味が落ちる感じも特になく。

( 後日談1 - と、上記のように思っていたのですが、数か月ぶりに買ってみるとリンゴフィリングが大幅に減って軽くなってしまった気がしてならない。
CIMG1636それとも、いつもの店ではなくデパ地下なので、ものが違うのだろうか。
いや、私が大食いになっただけかしら?
2017-5/7 記 )
( 後日談2 - ずっしりしているのはレモンパイ税込303円だったみたいです。
私の記憶ってあいまいだわ。
粉砂糖はかかってるしカラメル状のカリカリが魅力だけにしょっちゅう食べると太るだろう。
しかしこれがまた酸っぱ甘くておいしいの。。
2017-5/13 記 )

「冷蔵庫で明後日までもちます。」というのは、「グラニースミス」というアップルパイ屋さん。
散歩中に銀座でみつけました。
アップルパイばっかり5種類ぐらいは並んでいて、たまんないです。
持ち帰りなら1ピース税込432円からって、このおいしさで他とくらべると大変おトクじゃないかしら。

CIMG1563
左がダッチクランブル、右がクラシックラムレーズン どちらも 税抜400円 (持ち帰りの場合)

こちらで一番好きなのは、期間限定のグラニースミスというりんごを使ったアップルパイ。
すっぱいからね。
季節ものだからいつも置いてるものより税抜きで50円高い。
ほかにはモラセスという蜜を使ったもの(写真左)や、アーモンドクリームやカスタードが入ったタイプとか、甘いの好きな人でも楽しめそうですよ。

その他の店だと、ディーンアンドデルーカのストロベリーアップルパイがヒットでした。
税込で650円ぐらいだったと思う。
おや、今ネットで調べてみたらグラニースミスさんから仕入れているとのこと。
あれま。

元はと言えば今回のデザート探しに火をつけたのはこのディーンアンドデルーカなのです。
イチゴがいっぱい埋め込まれたクリームチーズマフィンの酸っぱうまさに感動したのが始まりで、でも、どれもお値段がよすぎますから、
「見ちゃダメ、買っちゃだめ!」って思っているのに寄るとやっちゃうんだなあ。
サラダなんかも高いけどうまくてねえ。

こういった、おいしくて値の張るものは
「お店で食べない。持ち帰りにする。」 のが大事。
家でいれたドリンクのほうが安上がりでおいしいし、広い席で静かにいただけますもん。

それでもこんな買い物ばかりしてると家計が傷むので、コーヒーショップに行くのを控えるなどして他で穴埋めしなくちゃ。