雨でも散歩によい日

小雨がふっているが心地よい気温。
風もギリギリ強すぎない。

ということで、よろこび勇んで散歩に出ました。
いつもなら日なたが多いので夏場は避けている、外堀通り。
市ヶ谷のあたりは木の葉を至近距離でながめられるのが楽しい。

CIMG2013台風がきているだけあって、とつぜん横から雨にうたれたりもするけど、
「つめたくてきもちいいじゃん。」
って思っちゃいます。
汗でシャツぬらす炎天下とくらべればぜんぜん。

CIMG2000CIMG2007

今日はともかく涼しいのと、ダルさが抜けてきたのとでいい気分。
ずっと蒸し暑かったし、ここしばらく頭痛・腹痛に目のかゆみと昼間じゅうつづく眠気でひどい状態でした。

それがまた急によくなった。
さいきん雨がふりはじめると体調が回復することが多いのです。

CIMG2014この雨があがってふたたび次の雲が現れたら、元どおり不調をきたすのかな?
やれやれ・・・

花ざかりの結膜炎

目のかゆみが日に日にはげしくなり、目のフチは切れ、まわりの皮膚が白く浮き上がって見苦しい有様に。
それでやっと眼科へ行ってきました。

アレルギー性結膜炎は昔から。
けどここ数年、通院するほどにはならずに済んでいたのです。
久しぶりに悪化したのは、スギ花粉が飛び始めるころから盛んに長距離ウォーキングをしてきたからかなあ。

CIMG1511
2017-4/25 桜田門へ下る途中で

待合室においてあったアレルギー予防のパンフレットを読むと、
「窓を開けっぱなしにしない。」
「花粉の多い日は外出をひかえる。」
などの予防策をすすめられていますが、そんな生活だと心がふさぐ気がする。

CIMG1520
新宿御苑で 2017-4/26

部屋の空気はマメに入れ替え、マスクもせずに桜吹雪を散歩。
外で体を動かして元気になったんだから、アレルギー症状ぐらいよろこんで受け入れるわよ。
それに眼科ではいろいろ検査をしてもらったから、よい機会だぐらいに思っています。

CIMG1514ド近眼のわたしは視力0.03。
メガネかけても1.0までしか出ないのはこれまで通り。
悪くはなってない。 ホッ。

また、40歳すぎると瞳の奥に異常があらわれる人が多いそうで、その検査もしてくれて写真を見せてくれました。
緑内障などの心配はみられないってさ。 ほっ。

「この検査でなんぼ請求されますの?」って心のなかでつぶやいてたんですが、初診料と軟膏・目薬もあわせて3、430円であった。

「ステロイド入りなので治ったらすぐ使用をやめてください。」
と先生が言う塗り薬で、皮膚は2-3日で改善。
副作用はこわい。
もう塗らないでおこう。
まだちょっとかゆいけど、いつものことだから全然ガマンできます。

CIMG1558実は今回、処方せん薬局へ行くのを1回ですませられるのもあり、眼科の前に耳鼻科にも寄っていて、これらで半日つぶれてしまった。
今は時間に余裕があるので、予約せずに飛び込んで読書しながら12人待ちなんかしています。

いいかげん、もっと時間を大切にせんと。
次は必ずや、予約しよう。

低気圧とともに眠気が去る

本日は雨上がりで風が強め。
花粉予報は 「非常に多い」 とのこと。

けれど雨降ってた昨日とはうって変わって、目のかゆみも眠気もないゴキゲンな一日でした。
睡眠不足なのにおかしいな。

低気圧の接近がアレルギーを呼ぶ体質なのは明らかなんですが、花粉の飛散量と症状はどうも連動しないんですよね。
ひょっとして潜伏期間があるのではないか?

今日一日中外を歩き回ったから、再び明日あたりにドーンと調子を崩すかもしれないです。
おそろしや・・・。

朝から晩まで異常な眠気

雨の中、2時間ウォーキングしてきました。

「雨だから出かけたくない。」
という風にはならないのが不思議。
あったかくなってきたからかな?

しかしここ数日の眠気が異常レベルです。

1時間以上歩き続けても、ものすごい眠気が喉から鼻、頭へ立ち昇ってきて、背中から気力を失っていく。
この感覚に15分おきぐらいに襲われる。
朝から晩までこの調子でして、夜はとくにひどく頻繁にあくびが出ます。
けっこうな睡眠時間を毎日とっているというのに。

今年の花粉は目にくるみたいでいっつもかゆい。
そういうときは変に眠くなる傾向が強いからそのせいもあるかも。
とってもイヤな症状です。
若いころからこんな時期はよくあったんで、どーにもならんのでしょうね。

ともかく今日は予定通り2時間運動できてよかった。
1キロほど太ったから努めてカロリー消費しないと!

今月は3-4日活発に歩き回ってはその後3-4日ひきこもり休暇をとる、をくりかえしており、ここ4日ぐらい家でビデオばかりみていたら昨日、体重計が警告を発していました。

「1キロぐらい太ってもいいじゃん。」
などと思ったら最後で、次は3キロ5キロとあっという間に増えたりするものよ。
それに、1キロ減らすのだって大変ですからね。
元の体重に安定させるのに1か月近くかかるんじゃないかしら。

とりあえず外をたっぷり歩くと健やかな気分に転じて、食欲もお菓子から遠ざかり肉・野菜・果物に向かうのは確か。
明日もしっかり歩くぞ。

春のはじめは

ちかごろ、昼前にはもうポカポカ。
散歩してると暑くなってしまいます。
あったかいお日様に誘われるのか、緑道で喫煙休憩するサラリーマンもふえてきました。
ウォーキングコースを春向けにしないと。

CIMG1386-元
2017-3/9 新宿御苑で

天候とか体調の関係で、春の始まりにはどんより気分になりやすい。
まずは花粉症で調子が落下するのです。
幸い、くしゃみ発作などは以前にくらべて出なくなりました。
点鼻薬の効果はもちろんのこと、ひょっとして加齢の影響もあるのではないか。

昨年はスギ花粉の飛びはじめに一日だけひどーい日があって、それからは穏やかだけどしぶとい症状が続き、日によって良かったり悪かったりってかんじでした。
今年もそう。

たぶん春本番からはお天気の変動でさらにやられ、初夏になるとやっとさわやかな空気と新緑に浮かれ出す。 という流れが予想される。

CIMG1390
2017-3/9 外堀の花

花粉症状としては、睡眠時間の拡張にもかかわらず昼間の眠気と思考の鈍化は確実で、
「来たな。ひどいな。」 とシーズン当初は動揺しますが次第に体が慣れていくようです。

花粉症に伴って胃腸まで調子を崩したりしますが、まあこれはよろしいかと。
春先には、
「いつのまにか太っている。」
ことが多いので。

なにせ真冬はアレルギーからもほぼ解放され、たくさん食べられる。
殊にチョコなどの甘い物や粉ものがやたらに美味しい。
夏は逆に甘いものとか炭水化物に興味がなくなり食欲不振でバテるほうです。

そこんところを意識するようになってからは、いろいろ工夫をした結果体重が安定してきたようだ。

大食いになってきたら 「オイ、太るぞ。」 とばかりにマメに体重を測ったり歩く時間を増やしたり。
一人暮らしを再開した3年前には手軽だからとパンやご飯ものを冷凍庫に大量キーブしたものですが、炭水化物は太るし、すぐにお腹がいっぱいになって他の栄養がとれなくなります。
食費や手間は浮くけどさ。

それで夕食を具だくさんスープにしてみたり、炭水化物よりタンパク質を偏りなくとるようにしたり、果物を常備とか・・・自炊しないなりに気は遣ってますね。
面倒だけれど。

あとは、食べたいものがあるのなら30分歩いてでも手に入れるようにしています。
疲れているからって手軽にまずいもん食べちゃいけません。
お腹はふくれても欲求不満が残るでしょ。
そうすると食後にお菓子をムダ食いしては後悔するんです。

CIMG1392

・・・などと理屈をこねても結局、食べるものが健やかなときは気分がよいとき。
だからウォーキングでもして一瞬でも健康感を上げるのは大切です。

だがな、今はヒマだからこんなこと言ってられるけど忙しくなったらどうなっちゃうんだろう。
手間をかけずに健康を保つ方法をたくわえておかなきゃ。