過去と今と、次は

応用情報技術者試験の失敗で過去ばかり振り返っていたら、すっかり今のことを考えなくなっていました。
「焦るとあぶない」 これを忘れないようにして、次に進まないと。

朝晩ダルいけど、ここ2-3年のひどい疲れと比べるとずっと良くなってます。 昼寝も必要なくなったし、睡眠も8時間あれば大丈夫。 それに、家で午後に勉強できている。
朝起きて、運動や食事もそこそこ規則正しい生活だ。

しかし・・・いつになったら働けるのか?
今働き出したところで、すぐやめるだろうな。 ともかく焦らないでおこう。

本日のウォーキング1.5時間。 天気は晴れ、24度ぐらいでした。

ささやかな夢だが

昨日食べ過ぎた気がする。 腸が重い。
よいお天気だし今日はたくさん歩こう。

実は、昨日の試験で思いのほか疲れてしまったことがショックです。
ほんの5時間の試験でこれじゃあ、フルタイム労働など無理なのでは?

ともかく今日はくつろぎたい。 ということで、ゆったりした服を選んで外出しました。
疲れていても「出掛けたい。たくさん歩きたい。コーヒーショップでくつろぎたい。」と思う元気があるのはホントに幸運。
外出どころか起きられない、着替える気力もない時期はしょっちゅう訪れますから。

そうなる前にきっちり休んで、
「いつも小ぎれいでそこそこ活力がある状態を保つ。」
そんなささやかな夢を実現するには、無職でいるしかなさそうだな私の場合。

ウォーキング1.5時間。 気温22度ぐらいの晴天でした。

午後のくつろぎで寝起き改善

昨日の私の一日です。

いつも通り、
朝食→オンライン英会話→ウォーキング→コーヒーショップで日記→昼食 を済ませ、
いつも通りプログラミングの勉強を始めました。
webから印刷したテキストを読み進めながら、パソコン作業が必要な箇所に印をつける。
この時点で午後2時半。

残念ながら、そこから5時まで、おやつやネットのゴシップ記事でくつろいでしまいました。
朝6時半から活動しているわけなのでダレるのも当然でしょうが、
「勉強の続きを始めなきゃ始めなきゃ・・・」と思いながら面白くもないネット記事を読み続けてたらいつの間にか3時間経っていたわけです。
日が暮れて我に帰りました。

うれしいことに、その後は順調。
3時間勉強してから、しんどかったけど英会話の予習まで済ます。
もっとうれしかったのは、珍しく寝つきも目覚めも良好であったことです。
生産性のない昼下がりになっちゃったけど、午後にリラックスするとよく眠れる傾向にあるみたい。

本日のウォーキングは1.5時間。 天気は弱雨、17度ぐらいでした。

ファストフードが頼りの小食

晴れて気温24度ぐらい。
でも、選りすぐりの涼しい並木道を歩くから大丈夫。
本日もウォーキング1時間半です。

それにしても、胃腸の弱い私にとって、食事のメニューを決めるのはたいへん。
現在、自炊する気は全くないので外食か持ち帰り、たまに出前も利用します。
たくさん食べられない時期が多いので、少量で提供してくれるフランチャイズ店・ファストフード店を頼りにしてます。

今日のスープストックトーキョーのカレーもライス少な目でお願いしました。
すき家や松屋も少量メニューありますよ。
最近の夕食はほぼ毎日サブウェイのサンドイッチ。 スモールサイズはないけれど、はさむものを調整すれば軽い食事にできます。

他にはコーヒーショップのチーズクロワッサンを持ち帰ったり、タイ料理をデリバリーして小分けにして食べたりというのが工夫と言えば工夫。
食べ物のことを書いてるのに全然お腹がへらない。
胃腸が不調です。

子供のころから胃腸が弱い

思った通り、今朝の公園ウォーキングは最高でした。
木もれ陽がキラキラして、乾いた風が心地よい。

散歩の後のコーヒーショップでは五穀クロワッサンを。 外はガリッと中はしっとりで気に入ってます。
お腹の調子がよくないので、今日のお昼はこれだけになりそう。

私は腸が弱くて、しょっちゅう痛むのが悩みです。 子供のころから胃はよく痛くなりましたが、なぜか30歳ごろからその痛みは腸へシフト。
ストレスがあるときは明らかに症状が出ますが、おおむね予測不能ですし、原因は永遠のナゾです。

どうも、野菜果物、生の魚を消化する力が特に弱いみたい。 好きなのに。
調子が悪いときはなかなかお腹がへりません。 そんなときは炭水化物と加熱済みのタンパク質をちょっとずつ、ゆっくり食べるのが最善と思われます。

まれに、年にほんの数回だけ、胃腸が絶好調の時期が私にもあり、何というかそういう時期は、「動物としての本来の力がみなぎっている」実感が湧きます。
ふだんは害虫みたいな気分ですけど。