夏の様相

すこーし空気がさわやかなので、お堀のまわりをゆっくり散歩。
どこも夏の景色でした。

CIMG1745ツルも葉っぱも青々と伸び茂り、咲いている花も南国っぽいものが多いようです。

CIMG1731四ツ谷から市ヶ谷へ向かう道では、白い花がもっさりと生い茂る一角がありました。

CIMG1743写真をとっているとどんどん涼しくなってくる。

CIMG1740梅雨入りまえの貴重な晴れ間、みたいなことをラジオで言っていた。
ちょっとあせって予定より長めに歩いてしまいます。
2-3時間ウロウロして家にもどったら、お昼前なのにもう眠たい。
いやしかし、緑と花を満喫。
きもちよかった・・・。
CIMG1730

緑の道をゆく

CIMG1623
外濠公園へ登る 2017-5/7

先月のウォーキング計95時間。
1日3時間ぐらい歩いていたことになります。

暖かくなる前にまとめて運動しておいて正解だった。
涼しかったんだなあ。
いまじゃもう、2時間がせいぜいだよ。
それも朝のうちならば、だけども。

ゴールデンウィークの間、毎日20度ぐらいまで上昇していたとおもうのですが、
そのような暑さだと散歩も1時間ほどでつらくなってきます。
なるべく朝早く出て、涼しげな道を選んではいるけど、交差点や橋などカンカン照りの場所がキツいんですよね。
湿気があるとなおさらに。

それでもまだこの季節なら、冷たいものでも飲んでちょっと休むと、もう1時間ぐらい楽に歩けたりするかな。
午前中ならば。

CIMG1569
紀ノ国坂から 2017-5/2

さて、最近ようやく若葉がぐんぐん伸びてきて、 それを見ているとたいへん気分がよいことを再認識しております。
目にさわやか、樹木から吹く風がすずしい、木の葉が揺れる音が心地いい。
そして気づかずとも、よい香りや空気が緑から放たれているのかも。

ですので出先でなじみのない緑を見かけたら、ともかくそっちの方へ向かって様子をたしかめる。
なんてことを、まだ寒かった頃からくりかえしているうちに、美しいグリーンスポットへの道をいくつか、新しく覚えました。

CIMG1617
六本木1丁目 スペイン坂 2017-5/6

歩きやすい経路と地下鉄の入り口、それとスーパーや飲食店も頭にはいっているから、散歩のみならず買い物して帰るのもラクになっている。

ウォーキングコースの開拓には時間も費用もかけてしまったけれど、健康ついでに自分の庭を広げたかのようで、ちょっと満ち足りた気分でいます。

CIMG1615
スウェーデン大使館の近くで   2017-5/6

寺とか神社、ガーデンとかが涼しい

夏みたいな日が何日かつづき、ウォーキングが楽しめる場所も限られてきています。

午前中ならビルの陰がひんやりして歩きやすいけど、日が高くなると影も短く、日差しからの逃げ場がなくなってくる。
すると自然と木々の生い茂る道に足が向く。

CIMG1501
新見附橋で

そういえば、このブログを読み返していたら、
「暑い日には神社ウォーキングがきっといいよ」 と書いている。
(→閉所克服と街歩き
そうだった。
神社は涼しいんだって思い出しました。

CIMG1489
港区 愛宕神社からつづく道

神社、寺、ガーデンだのグリーンだのの名のつくところには緑がわっさわっさしていて目にも優しい。
歩く距離はこなせなくとも、ビル影よりは健康的だろうね。

CIMG1482このところは花見の人ごみをおそれて、公園などを散歩するのは避けていたのでした。
代わりに地下鉄使って街を歩き、飲食店を開拓したりして、それも刺激的でなかなか楽しかった。
けど、少し遠出なんかすると 「せっかくだから。」 といいもん食べたりして交通費のみならず冒険にお金をかけてしまうことも。

なので、そろそろ森や林が恋しくなってきたのもあり、お散歩コースは近場にもどりつつあります。
CIMG1494CIMG1497
今、お堀の土手には明るい草花がいっぱい。

心なごむ光景です。

ここでちょっと心配なのが、家のまわりだけで活動していると、足をのばしてどこかへ行くことが大仕事になっていくということ。
だから週に何度かは、電車に乗る練習がてら遠足もすることにしました。

どうしても毎日おなじ日課をこなすほうがラクなんで、工夫をこらさないと難しいんですけど。

CIMG1500

桜にまつわるあれこれ

こんなに桜の花を観察する年というのは今までなかったと思います。

あったかい風が気持ちいいので、もう電車などあまり利用せずじゃんじゃん歩く。
ちかごろ体力が底上げされてきているらしく、5-6時間ウォーキングする日もあるんですが大して疲れません。

そんな中、とくに狙ったわけでもないがこの季節ですから、多くの桜に出くわすことに。

当たり前かもしれませんが、どうも朝の方がきれいに見えます。
写真写りも良い。
そもそも朝は空気が澄んでいるんでしょうし、花がこちら、つまり下を向いてくれてるように思う。
日が高くなると、お日様にあわせて上向きになり、光も強くてまぶしいから眺めづらくなる気がするのです。

ですんで朝、散歩に出たらまず近所の桜並木を歩くのがよい。
だいたい徒歩20分ほど続くこの道を歩くあいだは、花に囲まれ夢見心地です。

CIMG1450他にも散歩先で素晴らしい桜並木に出会ってうーっとり。
坂道に咲きほころぶ様子なんか、たまりませんよね。
坂、苦手なんですけど、この機会に足腰強くさせてもらったかも。

でも結局、私のお気に入りは家から近い外堀通りの桜です。
水面に映るのもすてきよね。
歩道なので人だまりも少なくウォーキングしながら楽しめるし。
CIMG1447実は私の場合、桜の花に感動できるかどうかでそのときの調子を見極められます。

今年はたまたま、気分が上り坂のところでこの季節がやってきたので「きれーい。」と感じることができているけど、こんなの5年にいちどぐらいじゃないかな。
たいがいは他の何かに気を取られていたり、花粉症が重かったり疲れがたまっていたりで、「ああ。開花しているのに何も感じない。調子落ちてんだな。」ってなる年の方が多い。

だから今は元気なんですね。きっと。

もう桜も散り始めているから、次は新緑観察だ。
一年のうちでいちばん好きな季節は、初夏!

CIMG1441
東京タワーで魚がたくさん泳いでいました 2017-4/7

名前を知らない

家の中が暑いので薄着ででかけたら、風が冷たいではないですか。

cimg1162
新宿御苑で

にしてもこの時期にしては暖かいし、すごい晴天。

公園で元気な植物を探してみました。cimg1179cimg1164cimg1157

cimg1176
これはプラタナス

しかしわたし、花や木の名前をぜんぜん知りません。
鳥の名前もね。

先日やっと 「さざんか」 の花を覚え、半日かけて 「カワウ」 という鳥の名前を特定しました。
( カワウとの出会い→水上の鳥と

cimg1193

だけども、さざんかの木とつばきの木が同じにみえる。

はたまた、つばきの花をばらとカン違いしたりと混乱が絶えない。

たまにネットで調べてはみるのですけど、結構手間取っちゃいます。

おおむね同じ姿でも細部が微妙に異なると別名がついていたりで。

しかも、「インドでは聖なる木と呼ばれ・・・」とか、「この花には毒があって・・・」 などの脱線情報に夢中になってしまい、午後じゅうかけたのに結局わからずじまいなんてことに。

植物や鳥には字も数字も書いてないものだから、色と大きさぐらいしか手がかりがなくて難しいです。

興味ぶかくておもしろいけど、
「こういうことに時間かけるのはもっと年をとってからにしないと。」
となぜか思ってしまう。